OTB メニコア計算並列化ソリューションサービス概要
 
 


トップページ > メニコア計算並列化ソリューションサービス概要

*当社は2014/06/28よりフランスCAPSコンパイラの国内総代理店であるJCCギミック社の業務を引きついでおります.


現在CPUのクロック周波数が上限に達しており,HPCの分野に限らずマルチコアを利用する並列計算が必須になってきています.
一方でGPUなどのHWAを用いた計算もHPCでは一般的になってきており,組み込みからスパコンまで幅広く利用されていますが,
これらの計算も並列処理を行うことが前提となっています.
 
数値計算の分野では並列化が重要である一方で,既存の逐次処理アプリケーションからマルチスレッド並列,GPUに移行する
ことがハードルとなっている方も少なからずいらっしゃると思います. 特にGPUにおいては,新しいプログラミングモデルの導入,
アーキテクチャを活かすための並列アルゴリズムの実装などが必要になり, それ自体が研究テーマでない方にとっては
なかなか導入に踏み切れないという声をお聞きします.
 
当社では,そうしたユーザー様の並列計算への移行をサポートいたします.CUDAやOpenCLなどのセミナー・トレーニングから
レガシーコードのOpenMPやGPUへの並列化ポーティング,そしてポーティングされた並列化アプリケーションを実行するための
マシンをオー・ティ・ビー社による ハードウェアソリューションで対応いたしますので,ソフトウェアからハードウェアまでの
トータルソリューションをご提供します.
 
並列化ソリューション
プログラム並列化のためのポーティングを受託しております OpenMPでの並列化によるマルチコアCPUの
利用をはじめとして,CUDAによる GPUへの移行までユーザー様のご要望にお応えします.
また,オー・ティ・ビー社のハードウェアソリューションと当社のソフトウェア並列化ソリューションを一貫して
ご提供することができます.ポーティング時の診断結果および並列アプリケーション実行時のデータから,
ユーザー様のアプリケーションを実行するためのハードウェアをご提案いたします.

CUDAやOpenCLのプログラミングなどに関する導入セミナや入門者向けのトレーニングを実施しています.



株式会社オー・ティ・ビー

 (C)Copyright OTB Transnational Inc. 2014 All rights reserved.